読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自担と同じ時代を生きる

ミーハーオタクの備忘録

人生は夢だらけ

 

©︎か○ぽ生命

始まりました初はてブロ。

 

人生は夢だらけだそうですが私は人生における夢をお金で買うアイドルオタクです。

ジャニーズさんが好きです。コンサートなんて6,800円とちょっと払えば彼らと2時間近く過ごせるんだから安いもんだよね?(セクガル並感)

自担はWAになって踊るおじさんアイドルの太陽と、時代を創るSexyの甘美(BRUTUS 2017/3/1より)ですが、クソDDなのでだいたい好きです。(ほんとクソ)

 

最近来てるのがジャニーズWESTさん。

自担である健人くん(結局名前出す)の親友重岡くんがいらっしゃるということで気になってはいた(小瀧くんの年齢が私の1つ上であることに一番びっくりしたし、未だに信じてない節ある)のですが、ある日TwitterジャニーズWESTさんの妄想を載せている神ブログを見つけてしまってから夢女の私大爆発。ジャニーズWESTさんみんなリア恋枠すぎる。大学生のしげおかくんと同じサークル入って飲み会で隣になりたいし、大学生の私の年上社会人彼氏のしげおかくんに帰り遅くなったら迎えに来てほしい(迎えに来る前に電話越しにちょっと怒られたい)し、くっそくだらない言い争いしたい。爆モテなりゅうせいくんとこたきくんを遠くから眺める同じ大学の学生したいし、付き合ったら余裕綽々で手のひらの上で転がしてほしい。(自分の中で今ブームだから熱量がすごい)(担当にするなら流星くんだって決めてるから名前呼びしちゃう……。お察しの通り見た目から入っていくタイプ。クソなので中身はそれからなんですごめんなさい)

f:id:kmsn75621:20170424010722j:image

(山田くんもこう言ってるし許して)

濵ちゃんからは坂本くんと同じ雰囲気が漂っている(個人の見解)

 

私のクソオタクっぷりとクソ人間っぷりがバレたところで今日はひとまず自担で妄想します(唐突)。自己満です。

※長くなったので今回は結局健くん妄想だけになりました。

健人くん妄想は次回にご期待ください( )

 

三宅健くん≫

 

健くんもう今年誕生日来たら38歳だからな〜!全然見えないけど!って実年齢考えたら親戚のおじさんになってほしすぎた(恋とは)。自分のお母さんの弟とかだったら最高。これにおける健くんはアイドルとかじゃなくて、姪の私からしたら普段何してるかわからない謎の多いおじさんであってほしい(本当は日本文化に関わるお仕事してたりしてくれ!!!!!!!!!自分で言っといて最高じゃない!?!!!?好き!!!!!!!!!!!)。

 

私もお正月とかお盆とかにしかおばあちゃんの家に行かないんだけど、健くん(小さい頃によく遊んでもらってた名残で姪のくせして健くんって呼びたい)はそれ以上に顔出さないので健くんに会える可能性はとんでもなく低い。

 

最後に健くんに会ったのいつだっけ、ってなるレベルの私も大学生になった年のお盆。偶然にも同じタイミングで健くんも帰省。

 

「あっちー!あれ、人いんじゃん」

まず家主であるおばあちゃんと軽く話してから、私のいたクーラーの効いた部屋に入ってくる健くん。声に振り返ると、目が合う。

「ん?あー…っと、もしかして○○?」

『 うん…』

「おーっ、超久しぶりじゃん!どう?元気にしてた?」

そう言いながら歩いてきて私目の前にどかっ、っと座り込む。近い。やっぱり距離感が狂ってる。

「髪染めちゃってー!メイクもしてんね、すっかり美人さんじゃん!一瞬誰だかわかんなかったー(笑)」

そう言って私の髪の毛を少し手に取る。久しぶりの再会だってのに健くんはマイペースで、脳の処理が追いつかない。

逆に健くんは変わってなさすぎる。不老か。彼の周りだけ時間が止まってる?

 

それから、今何してんのー?とかたわいもない話して健くんと普通に話せるように。彼氏いるの?とか割と踏み込んだ話題振ってくるけど本人無意識。悪いオトコに捕まってない?って心配もしてくれるイケおじ。

 

「俺はどう!前と変わった?」

『びっくりするくらい変わってない(笑)変わったの髪型くらい(笑)』

「ふふっ、まぁね」

『お肌もきれい!何したらそうなるの〜?』

 「知りたい〜?(笑)」

俺はねー、って言ってお肌のケア教えてほしい。化粧水は高価なのじゃなくてリーズナブルなのをバシャバシャ使うんだよ、俺は、とか言ってくれ(化粧水の話は雑誌でこう言ってたからガチ)。そしてその美意識の高さにひれ伏したい。

次の髪色の相談とかものってほしい。パーソナルカラー意識してアドバイスしてくれそう。

メイクの話するとクレンジングは絶対してから寝て!ってめっちゃ言われそう。(なお全て想像)

「……っと、こんな感じかなー?」

『わーありがとう!すごい参考になった!』

「うむうむ、若者よ頑張りたまえ〜(笑)」

 

晩ごはん食べてから、健くんと2人でお散歩に行きたい。思い出話とかしたいよね。私はしたい。泊まりでの帰省だとして、お風呂上がりの健くん拝みたい。実家ということもあり気が緩んでいる健くんの寝起きも見たい。ただし寝る部屋は別なので寝顔は拝めない。このくらいの距離感が良い。うむ。

 

別れ際にはちょっと寂しくなること必至。でもあくまで親戚のおじさんなので恋心とかはないです。当然。

その後の生活で、私にはあんなかっこよくて素敵な親戚のおじさんがいるんだぞ!って日々心の支えにしたいですね。でも健くんに教えてもらった美容の知識を実践して男の人に告白なんかされちゃったらもう崇めるしかない。そのときは電話で「彼氏できたのかー!よかったじゃん!でも俺のアドバイスのおかげなんておじさん複雑だな〜〜」って思わせぶりなこと少し言ってください。せめてもの胸キュン。(連絡先を交換している上に電話している…この姪最強では?)

 

おわり!!!全く恋要素なかったから暇あれば会社の先輩健くんとか大学のサークルまたはゼミの先輩だった健くんとか同窓会で再会健くんとか、アパレルショップの馴れ馴れしい店員健くん、毎朝通勤電車で見かけるイケメン健くんとかラブセンっぽい妄想したいし、あわよくば彼女じゃなくて健くんのオンナ妄想もしたい。

次はV6メンバーも登場させたい。

(言うだけタダ)

 

ちくしょうラブセンやりたいな〜〜〜!!

 

長くなったから分ける。

次回は中島健人くんで妄想する予定だよ!

STY!!!

 

 

広告を非表示にする